プチ整形はどのクリニックで受けても一緒だと思っていませんか?プチ整形で手軽にキレイになれるおすすめNo.1クリニック

プチ整形のクリニックランキング » 美容整形の種類を調査 » 痩身(脂肪吸引)

痩身(脂肪吸引)

このページでは、脂肪吸引の施術特徴や費用目安を調べています。

脂肪吸引の施術特徴や費用目安は?

プチ整形ではなく、本格的な美容整形で体型コンプレックスを解消したい!
でもクリニックで行われている痩身術には、さまざまな種類があります。

腹部イメージ●切らない施術…メソセラピー(脂肪溶解注射)、キャビテーション(超音波)、サーマクール(ラジオ波)、エンダモロジー(ボディトリートメント)
●切る施術…ボディジェット、ベイザー、プラズマリボなど
(すべて脂肪吸引、違いは機器名による)

「切る」と聞くと恐怖感を憶えるかもしれませんが、実際には小さく切開するだけ。その部分から吸引用のカニューレを挿入することになります。

「切らない」施術は一度に取り除ける脂肪の量が少ないので、腹部など広範囲な部位には適しません。また即効性は期待できないので、1回の施術でしっかりと効果を出したいなら、やはり脂肪吸引に踏み切るのが得策かもしれません。

  • 手術時間…40分~数時間(部位や体型により異なる)
  • 麻酔…全身麻酔
  • 費用目安…約80万円(腹部全体の場合)
  • 入院の必要…あり

そのメリット

脂肪吸引の最大のメリットは「痩せたい部位の脂肪を、ごっそり取り去れる」ということ。即効性が高く、確実に痩せることができます。

また皮下脂肪を分解して吸引機で吸い取るので、リバウンドも起こりにくいと言われています。

腹部や太ももなどの贅肉は、皮下脂肪が原因となっていることが多く、運動や食事制限のダイエットでは取り去りにくくなっています。気が遠くなるような努力と時間をかけて痩せるより、1回の施術で理想の体型に近づけるのが、最大の魅力と言えるでしょう。

そのデメリット

脂肪吸引のデメリットは、身体への負担の大きさです。切開手術のため痛みや腫れが大きく、施術部位は数日間、包帯によって圧迫固定され、安静が求められます。炎症を抑える薬なども処方されるでしょう。

また施術箇所のむくみや内出血は2週間程度続きますし、色素沈着やかゆみなどが数ヶ月先まで見られることもあります。施術部位が動かしにくくなるため、マッサージやストレッチで血行を促すなどのアフターケアも、指導されることになります。

脂肪吸引は、他の美容整形術にも増して高い技術が必要となります。脂肪の取り過ぎによる医療事故や、吸引箇所の肌に凸凹が起きるなどの失敗例も多くありますので、クリニックや担当医の情報はよくよく調べておく必要がありますよ。

カウンセリングの際に不安を憶えるようであれば、一旦返事を保留してよく考える時間を設けてください。そして本当に信頼できるクリニックを見つけてくださいね。

 
プチ整形パーフェクトガイド