プチ整形はどのクリニックで受けても一緒だと思っていませんか?プチ整形で手軽にキレイになれるおすすめNo.1クリニック

プチ整形のクリニックランキング » 美容整形の種類を調査 » ワキガ(汗腺除去)

ワキガ(汗腺除去)

このページでは、わきがや多汗症の美容整形・アポクリン汗腺除去をリサーチしています。

アポクリン汗腺除去などわきがや多汗症の美容整形

女性にとって、不潔なイメージのあるわきがや多汗症は、大きな悩みのタネとなります。クリニックで行われる美容整形は、患者の希望や症状の重度によって使い分けられています。

切らない施術

ボトックス注射から一歩踏み込んだワキの美容整形は、症状が比較的軽い人から重い人までに適応されています。以下をチェックしてください。

  • レーザー・超音波・マイクロ波の照射…汗腺の機能を抑制するのが目的。近年はマイクロ波を照射する機器・ミラドライが人気。1~2回の照射で効果があり、費用は30~40万円程度です。
  • 吸引法…厳密にはわきの下の皮膚を数ミリ切開します。そこからカニューレを挿入し、わきがや多汗症の原因となるアポクリン/エクリン汗腺を吸引します。費用は15~30万円程度です。ただしこの施術では、汗腺を充分に取り去れないとも言われます。

切る施術

わきがや多汗症を根本的に治療したい場合、やはり切開術を受けるのが確実です。

症状の程度やクリニックの方針にも寄りますが、保険適用でリーズナブルな施術を受けることも可能。その場合、自由診療なら30~50万円の費用がかかるところを、両脇でも5万円程度の負担で済んでしまいます。

事前によく情報を調べ、より良いクリニックや医師を選ぶようにしてください。以下に「切る施術」の代表例を紹介します。

  • 剪除法…わきの下を3~5cmほど切開して皮膚を裏返し、アポクリン腺をひとつひとつ、医師の目で確認しながら取り除く方法。30分程度で、確実な効果があります。デメリットは若干傷跡が残るということ。またエクリン腺は除去しないため、多汗症にはあまり効果がありません。
  • 切除法…わきの皮膚を皮下組織ごと釣鐘型に切り取る方法で、汗腺を完全に無くせるというメリットがあります。ただし傷跡は大きく、1~2週間の入院も必要となります。技術の低い医師だと、神経や血管を傷つけてしまう心配もあり。現在は実施しているクリニックも減少しています。
  • 皮下組織掻爬法…わきの下を数センチ切開し、器具を挿入して汗腺を掻き出す方法。傷跡が少なくて済むというメリットがありますが、取り残しなどにより再発の可能性も高くなっています。

上記のように、切開術の主流は剪除法です。根治を目指す人は、ぜひ検討してみてください。

 
プチ整形パーフェクトガイド